バウシュ咬合紙 極薄型 - 40 ミクロン


バウシュ 40μ 極薄型咬合紙は極めて薄く、耐引裂性があり、両面を液体顔料でコーティングされています。本製品は材質が薄いので、印記が正確です。そのため、誤接触や擦れを避けることができます。液体顔料の特殊コーティングにより、あらゆる咬合接触や咬合干渉の的確な印記が容易に行えます。金、セラミック、研磨された金属やアクリル等、検査の難しい湿った咬合面は、全く問題ありません。液体顔料の特殊カラーコーティングは、数多くの顔料を充填したマイクロカプセルから構成されています。わずかな咀嚼圧でもカプセルは破裂し、はっきりと見えるカラーを放出します。また、カラー再生により、重ねて印記できます。

バウシュ極薄型咬合紙は、特に静的、動的咬合を2色に塗り分け表示する場合に最適です。第一段階では、赤で同心接触(静的咬合)を検査し、第二段階では青で偏心接触(動的咬合)を検査します。色の順番はもちろん変更できます。

バウシュ40μ 極薄型咬合紙は、両面を液体顔料でコーティングした薄く耐引裂性のある咬合紙です。40μ の咬合紙同様、本製品も使用材が薄いので、正確に印記ができます。そのため誤接触や擦れを回避できます。賦形剤が多少強いため、本製品は馬蹄型でも提供しています。プリカット紙のため、鉗子や他の操作器具なしでも簡単に適用できます。馬蹄型咬合紙はいずれも、片手で簡単に取り出せるよう、プラスチックディスペンサー入です。

馬蹄型咬合紙は特に、弾性低下のため咬合試験中に一方向で噛む傾向のある患者に有効です。

歯科医は、口の好んで使われる側を即時に検出できます。とりわけ、最初に両側性平衡咬合のコンセプトに応じて調整した総入れ歯の咬合を試験する際は、すべての接触点を左右対称に印記することが望ましいです。

咬合装置を調整する場合は、総歯列弓の印記も不可欠です。この点では、特に湿った人工表面の咬合接触を試験する際、バウシュ馬蹄型咬合紙が大変役立ちます。

項目:
ボックス 小冊子付 ストレート
ボックス 小冊子付 ストレート
ボックス シート付 10 x 7 cm
ボックス シート付 10 x 7 cm
ロール 16 mm 幅
ロール 16 mm 幅
ロール 22 mm 幅
ロール 22 mm 幅

項目:
プラスチックディスペンサー馬蹄型
プラスチックディスペンサー馬蹄型
ボックス小冊子付 ストレート
プラスチックディスペンサー馬蹄型
プリカットストリップ
プリカットストリップ
プリカットストリップ
内容:
200 片
200 片
100 枚
100 枚
15 m
15 m
10 m
10 m

内容:
150 枚
150 枚
200 片
150 枚
200 片
200 片
200 片
色:
青
赤

赤

赤

赤

色:
青
赤
青/赤
青/赤
青
赤
青/赤
注文 No.:
BK 09
BK 10
BK 11
BK 12
BK 13
BK 14
BK 15
BK 16

注文 No.:
BK 17
BK 18
BK 80
BK 81
BK 61
BK 62
BK 63

calergmini