Bausch - Care for Perfect Occlusion



バウシュ社の歴史

ドクター・ジャン・バウシュGmbH & Co. KG社は、歯科医Dr. ジャン・バウシュ(1884−1966)と息子のDr. ハンス・バウシュ(1928−1998)により、
1953年に設立されました。
第二次世界大戦後、Dr. ハンス・バウシュはケルン(ドイツ)にて歯科学を学びました。たゆまぬ研究の結果、湿った歯面にも印記する咬合紙を開発しました。 当時、進行性バウシュ咬合紙は革命的であり、瞬く間に世界中の歯科医に受け入れられました。

その後、1960年代に極薄(60ミクロン・40ミクロン)、1970年代にさらに薄い
フィルム素材の咬合紙が加えられました。1980年代にはアーテ・スポット、
咬合液が開発され、咬合試験材がそろいました。

OccluSense®-デジタル咬合試験システム

バウシュにより開発された新しいシステムは、咬合面への咬合圧分布をデジタルとアナログの組み合わせで実現。詳しい情報はこちらをご覧ください。

www.occlusense.com



Unbenannte Seite